樹木写真ギャラリーページ

  1. 樹木写真ギャラリーページ

ヌルデ(別名フシノキ)

【学名】 Rhus javanica var.roxburghii
【分類】 ウルシ科ウルシ属



樹皮の色は褐灰色、点状の皮目があります、幹を傷つけると白色の樹液がしみだします、かぶれることはまれ、白色の樹液で物を塗ったのでヌルデの名前がつきました



  • 雌雄別株、円錐状花序、雌花序、2010.8.20

  • 雌雄別株、円錐状花序、雄花序、2010.8.26

  • 雌花

  • 雄花


核果、白い物質は酸っぱい味がします、戦後塩のない時に代用品としてなめたことがあると聞きました、2009.10.30


互生、奇数羽状複葉、葉軸に翼があります


仮頂芽と側芽の冬芽、黄褐色の軟毛があります、鱗芽、芽鱗は3~4枚、葉柄内芽





  • 冬の果実

  • 果実と核(種子)

  • 虫こぶ ヌルデミミフシ、五倍子と呼ばれタンニンを50%以上含み高級和服の染料に利用される、かつてはお歯黒の材料

  • 虫こぶ ヌルデハベニサンゴフシ

  • 葉痕と側芽の冬芽

  • 葉、互生、奇数羽状複葉、葉軸に翼があります(囲みの中)


▲PageTop